生命の息吹:ペパーミント

ペパーミントは冬の間も元気です。

ペパーミントの繁殖力、生命力には目を見張るものがあります。

雪に埋もれて枯れてしまったかなと思っても、春が近づくとしっかり新しい芽が出てきます。

これはペパーミントに限ったことではありませんが、植物のその生命力はいったいどこから来るのでしょう。

本当に不思議ですね。

ペパーミントは、スーッとした香りが特徴的ですが、これは精油成分の「ℓ-メントール」です。

ℓ-メントールはいろいろなものに利用されていますね。

1番なじみがあるのは眠気覚ましでしょう。

中枢神経を刺激して眠気を吹き飛ばし、脳を活性化させてくれます。

胃腸や肝臓などの消化系にも働きかけ、活動を促進させてくれます。

頭も体も活発になるんですね。

スーッとした香りは、消臭効果もあります。

このように刺激的なペパーミントですが、一方では鎮痙作用や冷却・消炎作用ももっています。

頭痛のときにはペパーミントティーを飲むとおさまりますし、風邪のときの鼻づまりにも効果的です。

ペパーミントはほかのハーブとの相性も良く、たいていのハーブと仲良しです。

ハーブティーを入れるとき、少しだけペパーミントを入れると味が引き締まる感じがします。

自分自身を主張しながらも、相手のよさを引き立てるペパーミント。

とても素晴らしいハーブです。

ペパーミント

 

一般名 ペパーミント
学名 Mentha piperita
和名 セイヨウハッカ
科名 シソ科
使用部位 葉部
主要成分 精油(ℓ-メントール、メントン、メントフラン)、 フラボノイド(アピゲニン、ルテオリン)、
タンニン(ロスマリン酸)、カフェ酸、クロロゲン酸
作用 賦活のち鎮静、鎮痙
適応 集中力欠如、食欲不振、過敏性腸症候群
特徴 心と体の冷却剤
安全性 クラス1
備考

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です