人間が生活していくうえで、ストレスは避けて通れません。

ストレスといっても様々なストレスがありますが、適度なストレスは自分自身を成長させるものですから、ストレスとうまく付き合うことも必要ですね。

でも、ストレスに対する反応は個人差がありますし、どんなに精神が強い人でさえも心くじけてしまう強烈なストレスに遭遇することもあります。

そんな時もストレスをできるだけ貯めこまないように、工夫して生活することが大切ですね。

ストレスによって体にさまざまな症状が現れることがありますが、その原因の多くは自律神経からくるものです。

強烈なストレスによって自律神経の調節作用がうまくいかなくなるからです。

そんな時にはぜひこのハーブをお試しください。

パッションフラワー別名トケイソウは、ドキッとするような花を咲かせます。

その花のつくりから、人々はイエス・キリストの受難を連想し、「パッション(受難)」と名付けたと言われています。

はりつけになってもなお人々の幸せを願い平静を保っていたイエス・キリストの心が宿っているのかもしれません。

アルカロイドのハルマン、ハルモールが中枢神経系に働きかけ、鎮静作用をもたらします。

アルカロイドといっても安心して使える成分で、安全性はクラス1です。

ハーブティーはウコンに似た風味で、いかにも薬草というような味がします。

ハーブ魔女は飲みなれているので気になりませんが、飲みにくいという方は他のハーブとブレンドして飲むといいかもしれません。

同じ精神安定に効果のあるリンデンなどとブレンドしてみるといいかもしれません。

ストレスと適度に付き合い、うまくストレス解消しながら平穏な毎日を過ごせるといいですね。

 

一般名 パッションフラワー
学名 Passiflora incarnata
和名 チャボトケイソウ
科名 トケイソウ科
使用部位 地上部の全草
主要成分 フラボノイド(アピゲニン)、フラボノイド配糖体(ビテキシン)、
アルカロイド(ハルマン、ハルモール)
作用 中枢性の鎮静、鎮痙
適応 精神不安、神経症、不眠、高血圧
特徴 植物性の精神安定剤
安全性 クラス1
備考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です