美容のためのリカバリーハーブ:オレンジフラワー

開花前のビターオレンジのつぼみを乾燥させたのがオレンジフラワーです。

ハーブティーにして飲むと、よい香りとほのかな苦みが味わえます。

心因性の不眠などによく用いられますが、大人だけでなく子どもにも安心して使えるハーブです。

希望をもたらす心地よい香りは、深いリラックスをもたらします。

オレンジフラワーから得た精油を「ネロリ」と呼びます。

イタリアのネロラ公国の王妃がこの香りを紹介したことから名づけられました。

柑橘系の精油は光感作作用があるといわれていますが、それは果皮から抽出された精油の場合です。

ネロリは花から水蒸気蒸留法で抽出された精油ですので、光毒性の心配はありません。

細胞修復作用もあるので、化粧品の原料などにも広く用いられており、美容にもよいハーブです。

20140201-135537.jpg

 

英語名 Orange flower
ハーブ オレンジフラワー  (ネロリ)
学名 Citrus aurantium
和名 オレンジフラワー
科名 ミカン科
使用部位 花部
主要成分 精油(酢酸リナリル、リナロール、ネロール、リモネン、ゲラニオール)、フラボノイド配糖体(ネオヘスペリジン、ナリンギン)
作用 鎮静、緩和
適応 神経衰弱、不安、不眠、消化器系の機能の不調
特徴 細胞修復リカバリー
安全性
精油の抽出方法 蒸留法または溶剤抽出法
精油の香りのタイプ フローラル系
精油の香りのノート ミドル
備考 精油をネロリと呼ぶ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です