飲むサラダ:マテ

マテは南米のパラグアイ・ブラジル・アルゼンチンに生育するカフェイン含有ハーブです。

学名の「Ilex paraguayensis」はパラグアイ原産ということを表しています。

西洋のコーヒー、東洋の茶と並んで、世界の3大ティーの1つです。

カフェインの作用で、脳の働きを活性化し、利尿作用をもたらします。

パラグアイでは水出ししたマテ茶を「テレレ」と呼び広く飲まれていますが、これは高温だとカフェインが多く抽出されるためです。

そのほかにも、ビタミンやミネラル(特に鉄分、カルシウム)を豊富に含むので、「飲むサラダ」とも呼ばれます。

さまざまな成分の働きで、精神疲労・肉体疲労を回復させる効果があります。

しかし、過量・長期服用はできません。

安全性はクラス2dとなっています。

マテ

一般名 マテ
学名 Ilex paraguayensis
和名 マテ
科名 モチノキ科
使用部位 葉部
主要成分 アルカロイド(カフェイン、テオブロミン、テオフィリン)、
カフェ酸、クロロゲン酸、フラボノイド(クエルセチン、ケンフェロール)、
フラボノイド配糖体(ルチン)、ビタミン(B2、B6、C)、
ミネラル(鉄、カルシウム、カリウムなど)
作用 興奮、利尿
適応 精神疲労、肉体疲労
特徴 飲むサラダ
安全性 クラス2d(過量、長期の使用不可)
備考 コーヒー、茶と並んで世界の0大ティー、脳の働きを活性化

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です