たくさんのハーブティーがある中で、これほどきれいな色のハーブティーはありません。

ハーブティーの多くが黄色や茶色で、いかにもお茶!という感じなのに、このハーブは別名マローブルーというように、とっても綺麗な青色です。

この色はアントシアニジンの色です。

アントシアニジンはフラボノイドの一種で、この配糖体がアントシアニンです。

アントシアニンは、目の疲れや視力低下に効くということで一躍有名になった紫色の色素です。

レモン汁をたらすとキレイなピンク色に代わりますから、これこそ魔法と言えましょう。

ウスベニアオイとはよく命名したものです。

粘液質を含むため、皮膚の粘膜を保護するとして、風邪のときののどの痛みや咳などに使われてきました。

色が特徴的なのに対して、ハーブティーの味はそれほど特徴的ではありません。

むしろ味がほとんどしないので???って感じです。

色を楽しみながら味わうのがよいようです。

ただし、時間が経つとすぐにくすんだ色に変ってしまいますからご注意を!

20130922-161608.jpg

一般名 ウスベニアオイ
学名 Malva sylvestris
和名 ウスベニアオイ
科名 アオイ科
使用部位 花部
主要成分 粘液質(多糖類)、アントシアニジン(デルフィニジン)、タンニン
作用 皮膚や粘膜の保護や刺激緩和
適応 口腔や咽頭や胃腸や泌尿器の炎症
特徴 夜明けのハーブ
安全性 クラス1
備考 青い色はアントシアニン、別名マロウブルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です