天然の甘味料:リコリス

リコリスの和名「甘草」という名前を見ればわかるように、天然の甘味料とも言えるハーブです。

その甘さは砂糖の50倍ともいわれています。

古くから伝統医学で用いられてきた薬用植物で、薬用にも食用にも使われます。

最近では、抗ウイルス作用や免疫賦活作用があることもわかってきています。

ハーブティーにして飲むと、甘味のほかに、のどの奥に強烈な味が残ります。

おそらくグリチルリチン酸アンモニウムの味でしょう。

他のハーブとブレンドして、ほのかに甘味を感じる程度に使用するのがおすすめです。

イソフラボン類を含み、エストロゲン様作用があるので、飲み過ぎには注意が必要です。

といっても、この味ではそれほど飲みすぎる心配はないでしょう。

カンゾウという名前と裏腹に、肝臓疾患の方には禁忌ですのでご注意ください。

そのほかにも、高血圧、腎不全の方は使用を避けてください。

長期にわたって過剰投与すると偽アルドステロン症(低カリウム血症、、浮腫、高血圧)を発現する可能性があったり、利尿薬や強心配糖体などとの薬物相互作用の可能性があったりします。

使用の際にはお医者様とご相談ください。
リコリス

 

英語名 Liquorice
ハーブ リコリス
学名 Glycyrrhiza glabra
和名 カンゾウ
科名 マメ科
使用部位 根部及びストロン(ほふく枝)
主要成分 トリテルペン系サポニン(グリチルリチン酸アンモニウム、グリチルリチン)、フラボノイド、イソフラボン類、カルコン類、クマリン類
作用 鎮咳、去痰、消炎、抗アレルギー、コルチコイド様作用、エストロゲン様作用、抗ウイルス、矯味(甘味)
適応 上気道カタル、胃・十二指腸潰瘍
特徴 天然の甘味料
備考 肝臓疾患、高血圧、腎不全患者は使用を避けること。長期過剰投与による偽アルドステロン症発現の可能性がある(低カリウム血症、、浮腫、高血圧。

利尿薬や強心配糖体などとの薬物相互作用の発現の可能性がある。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です