月夜の宝物:イブニングプリムローズ

イブニングプリムローズは和名メマツヨイグサと呼ばれ、アロマテラピーの世界では月見草油というキャリアオイルとして知られています。

使用部位は種子で、その油を利用します。

イブニングプリムローズの種子油には、「n-6系多価不飽和脂肪酸」のγ-リノレン酸(GLA)という珍しい脂肪酸が含まれています。

この成分は、初乳に多く含まれる物質で、免疫に関与していると考えられ、アレルギー症状の緩和に役立ちます。

また、ホルモン調整作用もあり、月経痛や月経前症候群(PMS)の緩和にも用いられています。

n-6系脂肪酸はn-3系脂肪酸とともに必須脂肪酸に分類され、人間の体内では合成できない成分です。

外から何らかの形で摂取する必要がありますが、主要成分が脂肪酸ですので、ハーブティーではなくカプセル剤で利用することが多いようです。

20131010-044343.jpg

ハーブ イブニングプリムローズ
英語名 Evening primrose
学名 Oenothera biennis
和名 ツキミソウ、メマツヨイグサ
科名 アカバナ科
使用部位 種子
主要成分 脂肪酸(リノール酸、γ-リノレン酸)
作用 γ-リノレン酸の補給による生理活性物質の調整
適応 月経痛、月経前症候群(PMS)、失神、リウマチなどのアレルギー疾患
特徴 インディオの宝物
安全性 クラス1
備考

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です