救いのレディースハーブ:クラリセージ

クラリセージはセージ(薬用サルビア)の近縁種です。

民間療法として、種子が目の疾患に用いられてきましたが、花や葉は観賞用に庭に植えられることも多いですね。

クラリセージの精油の香りはとても華やかで、心穏やかで幸せな気分にしてくれます。

鎮静作用があるので、月経痛や月経前症候群(PMS)を軽減するので、オイルトリートメントなどで利用します。

エストロゲンを刺激し、ホルモン分泌調整作用があるので、月経不順や更年期障害などにも効果的です。

女性のための精油といえます。

ただし、妊娠中の使用は厳禁です。

これは他のセージ類にも言えることですが、流産や奇形を引き起こす可能性があります。

 

英語名 Clary sage
ハーブ クラリセージ
学名 Salvia sclarea
和名 オニサルビア
科名 シソ科
使用部位 葉部、花部
主要成分 酢酸リナリル、リナロール、スクラレオール
作用 鎮静、鎮痙、ホルモン分泌調整
適応 月経痛、月経前症候群(PMS)、更年期障害
特徴 救いのレディースハーブ
精油の抽出方法 水蒸気蒸留法
精油の香りのタイプ ハーブ系
精油の香りのノート ミドル
備考 セージの近縁種で、マスカットのような香りが特徴的です。女性ホルモンの分泌を調整する働きがあることから、月経前症候群や更年期の諸症状にオイルトリートメントで用いられます。心と体の緊張をほぐす働きがあるので、運転前などの使用は控えましょう。※精油の使用が一般的

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です