スパイシーな柑橘系の香り:ベルガモット

ベルガモットは、ミカン科の常緑高木樹の果皮から抽出した精油です。

紅茶のアールグレイのフレーバーとして有名ですね。

とても華やかな香りなので、香水にもよく用いられています。

他の柑橘類の精油がリモネンを主成分としているのに対し、ベルガモットの精油はリナロールと酢酸リナリルを主成分としているのが特徴です。

また、ベルガモットの精油には、ベルガプテンやベルガモテンなどの成分が含まれており、これが皮膚についた状態で紫外線が当たると炎症を起こして色素の沈着が起こります(光感作)。

ですから、オイルのように皮膚に使用する場合には注意が必要です。

鎮静と高揚の両方の効果があり、興奮しているときはクールダウンし、緊張した神経にはリラックス効果があります。

陽気な気分になりたいとき、ストレスからくる不安や緊張があるときに用いられます。

殺菌作用があるので、オイリー肌、ニキビのケアに用いられます。

そのほか、防虫効果もあるので、ルームコロンとして使用すると、香りを楽しみながら虫よけにもなります。

英語名 Bergamot
ハーブ ベルガモット
学名 Citrus bergamia
科名 ミカン科
使用部位 果皮
主要成分 酢酸リナリル、リモネン、リナロール、ベルガプテン、ベルガモテン
作用 緩和、血液循環促進
適応 緊張、不安、冷え
特徴 スパイシーな柑橘系の香り
精油の抽出方法 圧搾法
精油の香りのタイプ 柑橘系
精油の香りのノート トップ
備考 オレンジに比べてややスパイシーな温かみのある香りが特徴で、気分を明るくするとともに、心を落ち着かせる働きがあります。このため、精神的な落ち込みや不安による不眠、気分転換のなどに芳香浴で用いられます。ベルガプテンなどの光感作を起こす成分を含むので、皮膚についた場合は紫外線を避ける必要があります。※精油の使用が一般的

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です