女性を元気にするハーブ:アンジェリカ

名前の語源はエンジェルで、古くから胃腸の不調や気管支炎・風などに用いられてきたハーブです。

中世では最も重要なハーブといわれ、消化不良や食欲不振を改善する目的のために、アンジェリカ酒が使用されてきました。

和名はヨーロッパトウキ。

漢方薬で「当帰」といえば聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

薬草湯などにもよく使われていますね。

冷え症や更年期などの女性におすすめのハーブです。

ハーブティーは土臭いので、ほかのハーブとブレンドするのがいいでしょう。

香りの強いペパーミントなどとのブレンドがおすすめです。

胃腸に潰瘍のある方は、使用を控えてください。

また、精油のフラノクマリン類には光毒性があるため、皮膚に使用する場合にはご注意ください。

20141218-074107.jpg

 

英語名 Angelica
ハーブ アンジェリカ
学名 Angelica archangelica
和名 ヨーロッパトウキ
科名 セリ科
使用部位 根部、種子
主要成分 精油(αーピネンなどのモノテルペン系炭化水素、新などのフラノクマリン類)、フィトステロール、ショ糖
作用 健胃、利胆、鎮痛、駆風、発汗、利尿
適応 食欲不振、消化不良、気力・体力の低下、冷え症
特徴 女性の元気を応援するハーブ
安全性  
精油の抽出方法 蒸留法
精油の香りのタイプ ハーブ系
精油の香りのノート ベース
備考 漢方薬で「当帰」と呼ばれるチャイニーズアンジェリカの近縁種。
更年期など中高年の女性のの心と体が変化する時期に、
気力と体力を充実させる。

土っぽい香りがするので他のハーブとのブレンドがおすすめ。
注意事項 胃腸に潰瘍のある方は、使用を控えること。
精油のフラノクマリン類には光毒性があるため、皮膚に使用する場合にはご注意する。 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です